Home > 協会プロジェクト > 50の小学校プロジェクト, 支援小学校 > 第8校「日中友好紅河県他撒ハニ族僑心小学校」

基本データ

 開校式  2006年4月14日
 旧校名   雲南省紅河ハニ族イ族自治州紅河県甲寅郷他撒村
 所在地  他撒村完全小学校
 主要民族   ハニ族
 雲南川出資額  380万円
 日本側支援額  200万円
 建設内容  校舎、学生・教員寮、グランド
 建設資金協力   財団法人ひろしま祈りの石教育財団(助成金)
 建設経済協力  会費・一般寄付金
 現地パートナー  昆明市帰国華僑聯合会、雲南省帰国華僑聯合会

旧校舎

 この小学校が設立されたのは1952年です。クラス数は全部で9クラスあり、1~6年生までのハニ族児童410人が学んでいました(うち半寄宿生は80名、教員は全員で18人)。1952年以降使いつづけてきた校舎は国から倒壊の恐れがある「危険校舎」に指定され、新しい校舎を建てることがすでに決定していました。しかし現地人民政府はプロジェクト資金13.3万元を出すことを決定していたものの、約20万元が不足している状況でした。この不足分の一部を、協会が「ひろしま祈りの石国際教育交流財団」への助成金申請を行うことで援助することになりました。

新校舎

 雨季に続く悪天候の影響で、校舎3階部分が未完成のまま開校を迎えた第8校目ですが、開校式後の2006年7月25日に無事に校舎は完成を迎え、夏休みを挟み新学期を待っての同年9月5日、実際に子どもたちが当小学校で新しい学校生活を開始しました。

開校までの流れ

 ▲学校視察
 昆明から車で5時間、高速道路を走り紅河県にたどり着きます。さらに紅河県の中心部から41キロ離れた他撒村。               
 ▲調印式・開工式
 2005年6月6日、雲南省紅河ハニ族イ族自治州にて、支援第8校目「日中友好紅河県他撒ハニ族僑心小学校」の新校舎建設開始「開工式」が行われました。   
 ▲建設現場視察
 5月末の完成を目指して目下工事が進行中の、当支援第8校目小学校「日中友好紅河県他撒ハニ族僑心小学校」建設工事の報告が届きました。
 ▲開校式典ツアー
 朝早く元陽のホテルを出発した一行は、バスで山の悪路を3時間以上かけ、登っていました。目指すは頂上にある支援第8校目「日中友好紅河県他撒ハニ族僑心小学校」…
 ▲校舎の完成報告
 現地より校舎完成の連絡が入ってきましたのでご報告します。学校完成日は2006年7月25日、夏休みを挟んで新学期を待っての9月5日から、実際のこの校舎で新しい学校生活を始めました。  

フォローアップ事業

 2005年の建設以降も、当協会では日中友好紅河県他撒ハニ族僑心小学校に対しフォローアップ事業を実施しています。

 2006年 協会支援第8校目小学校として開校
 2005年 日本嘉悦大学と国際運動会の実施(開校前)            

PAGE TOP