Home > アジア未来への人材プロジェクト > 雲南支部大学生夏季インターンシップから2週間が経過しました

夏季インターンシップが始まってはや2週間が経ちました。
4大学から8名の学生が参加しています。
はじめはぎこちなかった学生たちも、今では和気あいあいと助け合いながらインターンシップに励んでいます。
学生のみなさんの仕事ぶりを日本の皆様にお伝えするため、この2週間の感想を書いてもらいましたので、ここでご紹介いたします。

雲南師範大学3年 範竹君

今回のインターンシップで参加したことができて、すごく幸運で、嬉しかったです。
毎日、新しい仕事があって、PPTとか、ワードとか、企画書とか、翻訳などです。
でも、やはり翻訳は最も難しい仕事と思っています。
翻訳の過程で、自分の欠け点を発見して、単語量がすくない、日本語の文法が苦手、足りない所が多くて、大変だと思います。
でも、先生と仲間から手伝いをもらって、うまくに完成されて、ありがとうございました。
この間、本当にいろいろなことを勉強になりました。
毎日忙しいですけど、すいぶん充実しています。仕事を完成するために、皆と一緒に頑張って、話し合って、休暇の時、一緒にゲームをしました。こんな珍しい思い出は私が一生にも忘れないと思います。
今私は日本語を活用することができないけど、日本語能力を向上させるために、それから、ずっと頑張ります!

写真1.jpg
雲南師範大学3年  李倩

 インターンシップの前に私はちょっと心配しました。インターンシップっていうのはいったい何をするのか、前に何を準備すべきかぜんぜんわからなくて緊張しました。
 今回のインターンシップによって、社会人としてのマナーとルールやword、Excel、PPTの操作などを習いました。毎日、反省文を書いて発表して、私はだんだん日本語レベルが向上しました。日本語を話すのも好きになりました。この二週間みんなと一緒に仕事をするのはとても楽しかったです。

雲南大学3年  劉雅茜

七月十四日、私はインターン生として、今回のインターシップに参加しました。とても嬉しいんです。インターシップに参加したことのない私にとって、この三週間、きっといい勉強になれると思います。
最初、先生たちは職場のマナーと規則などを教えてくれました。
次は仕事です。翻訳などの仕事はとても難しいんです。
皆さんも翻訳などしたことがないので、間違いがたくさんあります。しかし、中洲先生が真面目に一つずつ直してくれました。
そして、毎日も反省文によって終わります。毎日のいいところと足りないところを記して、皆さんの前に朗読します。最初は恥ずかしいと思いますので、自分の本当の気持ちを書けません。考え直せば、このイベントはとてもいいと思います。反省文を朗読するのは、自分ばかりか、他人にも役立つと思います。他人の反省を聞いて、いいところを習います。かえって、足りないところは自分がしないように防ぎます。
インターシップは私たち卒業にかかっている学生にとって大きな意義があると思います。日本語のアップだけでなく、就職の準備にも役立っています。
今回のインターシップはただ一週間しか残りません。次の一週間も楽しくやりましょう。

雲南大学滇池学院 程恬

インターンシップする前に、面接を受けました.中洲先生はメールで結果を知らせてくれました。パスというのメールを受けた後はとても嬉しかったです。その後、私がずっと考えているのは実習先に着けば、どんな仕事をするのか。また、どんな人に出会えるのか。
2014年7月14日、インターンシップの一日目です。
事務所に到着した後で、佐々木さんの言うとおりに大学では学ぶことができないたくさんのことを習得できるということです。
協会の昆明事務所にいろいろ勉強しました。例えば、手紙の翻訳は私にとって難しいと思います。中国と日本の表現の仕方は違いますし、直訳しただけでは意味が通じないこともよくありますから。手紙の翻訳というの仕事の中でたくさんのミスが出しましたが、先生から丁寧に教えてもらいました。
また、中洲先生は私たちに企画書を書かせました。以前は一度も書いたことがありませんから、本当に困りました。でも、中洲先生に指導していただいて、企画書の書き方は大体習得しました。そして、中洲先生は私たちに企画書を発表させました。発表によって口語練習できるだけではなく、勇敢にもなりました。ここには、頑張り甲斐があります。
最初、先生と話す時はちょっと緊張しました。今は緊張できないになりました。それで、優しい先生たちばかりです。
とにかく、協会の昆明事務所でインターンシップできるのは素晴らしいと思います。

来週1週間、最後までいっしょに頑張りましょう!

お問い合わせ

日本雲南聯誼協会東京本部事務局

TEL:03-5206-5260 (平日 10-18時)

E-mail:yunnan@jyfa.org

PAGE TOP