Home > 25の小さな夢基金 > 家族で少女たちの教育を応援しています!~夢基金~

初鹿野理事長のお知り合いで協会会員の葛海瑛さんは、去年のチャリティゴルフコンペにもご参加いただき、現在、ご家族で「25の小さな夢基金」をご支援いただいております。

今回、2人の息子さんから「25の小さな夢基金」をどのような思いで支援を行うことに決めたのか、参加するに至った経緯を伺いましたのでご紹介いたします。

”僕たちは日本の高校生です。両親の仕事の関係で、子供の頃2歳から12歳の10年間つまり人生の半分以上を、上海で過ごしました。ですから僕たちにとって、中国は2番目の故郷です。
子供の頃から、食べ物や衣服を始め学校の面でも何不自由なく生活し、幸いなことに人生の困難を経験していません。しかし、僕たちは世界にまだ多くの貧困地域があることを知っています。
中国から日本へ帰国後、日本雲南聯誼協会に連絡を取りました。惠蘭会長の指導のもと、中国雲南省の貧困地域に住む人々、特に、美味しい食事がとれず勉強の機会に恵まれない子供たちの状況を知りました。そこで雲南聯誼協会のボランティア活動に参加することにしました。

さらに僕たちの家族は、協会の「小さな夢基金」に参加しました。そこで雲南省に住む一人の女の子を援助することを決めました。僕たちは彼女と中国語でコミュニケーションを取ることで、経済面の支援だけでなく、彼女が高校の勉強に対してやる気が出るような精神的なサポートができれば良いと思いました。
僕たちは大人ではないので、人のためにできることはまだ非常に少ないですが、社会をより良くするために一人ひとりの地道な努力が必要だと感じています。今後も、日中友好の架け橋を築き、国境を越え、困っている人のためにもっと努力し、学んだ知識を生かして世界の人々の幸せに貢献していきたいと考えています。”

名取 黎、名取 皓

春蕾生との交流を通して、より良い日中の架け橋を築いてくれることを期待しております。

お問い合わせ

日本雲南聯誼協会東京本部事務局

TEL:03-5206-5260  FAX:03-5206-5261

業務時間:平日 10時〜18時(電話受付時間10時〜17時) 

休業日:土曜、日曜、祝日、年末年始

E-mail:yunnan@jyfa.org

PAGE TOP