NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
 
  ホーム > 交流活動 >子供たちを学校で学ばせてあげたい! 2019年 > 埼玉県庁へ2,000枚のマスクを寄附
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 
雲南少数民族写真展「笑顔を君に」
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    埼玉県庁へ2,000枚のマスクを寄附

4月28日、初鹿野惠蘭理事長、林則幸理事、佐伯義博監事、大宮支部の寺内明子支部長、会員の初鹿野仁さんが埼玉県庁(さいたま市浦和区)を訪問し、中国から届いたマスク2,000枚を寄贈しました。

現在埼玉県は日本全国の中でも4番目に感染者が多く、医療関係者の感染もニュースで多く流れています。

今回寄贈したマスクは埼玉県庁を通して、必要とする医療関係施設、教育機関で使用されます。

訪問当日、砂川裕紀副知事から頂いたお言葉(一部抜粋)

「心温まるマスクをお寄せいただきありがとうございます。
皆さま方の温かい心遣いに埼玉県を代表して御礼申し上げます。
いただいたマスクは今非常にひっ迫している医療現場、福祉施設、学校と心待ちにしているところがあるので、そこにきちっと届けさせていただいて、皆さま方の思いをお伝えさせていただきたいと思います。
温かい皆さまの気持ちが伝わると職員もやる気が出ます。県民の皆さまの温かい心遣いに感謝申し上げます。」

厳しい状況ではありますが、コロナ終息に向け一丸となって頑張っていきましょう!



------------------------------------------------------

【お問合せ】

日本雲南聯誼協会東京本部事務局
TEL:03-5206-5260 (平日 10-18時)
E-mail:yunnan@jyfa.org

   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2015年11月17日 16:35 copyright