NPO法人 日本・雲南聯誼協会
 
子供たちを学校で学ばせてあげたい!
  ホーム > 交流活動 > 2017年 > 東京多文化フェスTokyo Multicultural Fes.
JYFAの活動
 
交流活動
 
医療支援
文化支援
民族文化支援
 
雲南少数民族写真展「笑顔を君に」
 


雲南 募金、教育支援 お問い合わせはこちら
イベント情報
    東京都初開催「東京多文化フェスTokyo Multicultural Fes. 

東京のグローバル化を促進し、東京で暮らす外国人と日本人が共に活躍し、安心して暮らせる「多文化共生社会」の実現に向け、東京都が11月26日(日)にベルサール秋葉原(東京都千代田区)にて初開催しました「東京多文化フェスTokyo Multicultural Fes.」に協会が東京都の要請により出展しました。
会の途中、東京都の小池都知事も会場を訪れ、東京で暮らす外国人と日本人が共に活躍し、安心して暮らせる「多文化共生社会」の重要性を述べられ、協会のコーナーに立寄り報道陣に囲まれました。

 会場では終日トークショーをはじめ、世界各国の食文化体験、各国の伝統芸能・音楽ステージパフォーマンス、民族衣装・着物着付け体験などが行われました
協会コーナーは会場でもひと際目立ち、沢山の方に立寄っていただきました。皆さんのお目当ては雲南少数民族衣装の試着で、順番待ちが出る程大人気となり子供からご年配の方まで幅広く楽しんでいただきました。来訪していただいた方々から、今後も協会の活動があれば積極的に参加したいという方もいるなど今回の広報活動では確かな反響を実感しました。今後もこのようなイベントへは積極的に参加し、少数民族への教育支援活動を広げて参ります。最後に一日立ちっぱなしで大変だったボランティアの皆様へ感謝申し上げます。

同フェスを伝えるインターネットのニュースが以下よりご覧いただけます。

NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171126/k10011236031000.html

TOKYO MX NEWS
http://s.mxtv.jp/mxnews/kiji.php?date=46512373

スポニチ Sponichi Annex
https://goo.gl/b7stWG

朝早くからご協力いただいたボランティアの皆さん、ありがとうございました!

ボランティア協力(順不同、敬称略)!
呉嵐、季瑞穎、李美玉、張端午、顧暢、渡部優美、寺内明子大宮支部長

民族衣裳文化普及協会様と記念撮影 試着希望の方が押し寄せ大にぎわい
外国からの方も訪れ少数民族についてディスカッション 報道陣も詰めかけ、協会コーナーを訪れた小池知事とボランティアの皆さんを様々なニュースで紹介されました。

 

 

 
   
 
 
          PAGE TOP  
  更新日: 2017年11月30日 16:14  (C)2017 Japan Yunnnan Friendship Association All Right Reserved